2013年10月30日

キュイーン

テーブル  キュイーン 24
観葉植物  キュイーン 22
ペットボトル  キュイーン 18
PCモニター  キュイーン 28
アスファルト(夜)  キュイーン 16
ボンネット(夜)  キュイーン 18
オレ  キュイーン 36


こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

↑ いきなりなんのことか、わかりませんよね。


実はこれ、物の表面温度を表しています。
テーブルの表面温度 24℃
観葉植物の表面温度 22℃
ペットボトルの表面温度 18℃

   ・・・・

オレの表面温度(体温) 36℃

のことです。


10/18のこちらのブログで取り上げたましたが、「パッシブデザイン」のセミナーを受けてきました。

そこで学んだパッシブデザインの影響を受けて『放射温度計』なるものを買っちゃいました。

ジャーン



使い方は簡単。
表面温度を知りたい対象物にむけて、「測定」ボタンを押すだけ、すぐに表面温度が出ます。

なぜ物の表面温度を計る必要があるのか?
なぜかと言うと。
セミナーで学んだ、体感は『周囲の表面温度』に左右される という原理原則

体感温度の目安 ≒ (気温+周囲の表面温度) ÷ 2


体感温度をより正確に知るためには、物の表面温度を計る必要があるのです。


たとえば、イメージしてください。
(画像を探したけれど、いいのがなかった。)

夏、気温は35℃。街中、アスファルトがジリジリと熱くなっている。アスファルトの表面温度は60℃

では、このシチュエーションでの体感温度はいくつ?


また、
夏、気温は35℃。高い木々で囲まれた神社の境内。木漏れ日が落ちている土の表面温度は25℃

では、このシチュエーションでの体感温度はいくつ?



































アスファルトでの体感温度は
(35+60)÷2 = 47.5℃

木漏れ日の落ちる神社境内での体感温度は
(35+25)÷2 = 30.0℃

となります。

同じ気温でも体感温度は17℃も違いがあるのです。

繰り返しになりますが、
体感温度は、周囲の表面温度に左右される

この放射温度計は、暑さ、寒さの原因となっている物体を探すのに役立つものです。

もっと、具体的にみなさんにご紹介できるよう、パッシブデザインをより深く学び、
実例をもって、ご説明していきたいと思います。
いつになるかはわかりませんが、乞うご期待。


ちなみに測定したとき、「キュイーン」という音は出ません。
無音です・・・・・。

雰囲気作りのために、言って(書いて)みました。face04



☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


e-garden(いーがーでん)は、
♪いつまでもすてきなガーデンライフ♪をモットーに
福岡県久留米市・筑後市・八女市・大牟田市・小郡市・柳川市
近辺のエクステリア、外構、お庭の工事を承っております。

同じご予算で ワンランク上のお庭を作ってみませんか?


e-garden(いーがーでん)

住所 〒830-0025 福岡県久留米市瀬下339番地  (水天宮さん近く)

お電話でのお問い合わせは
0942-34-8970

メールでのお問い合わせはこちらをクリック






e-garden(いーがーでん)のホームページはこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/

e-garden(いーがーでん)のエクステリア、外構、お庭工事の施工例はこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/menu03/

ブログふくおか よかよか だけでなく、ホームページでもブログをしています。

私以外のスタッフも書き込んでいる『お庭なおしゃべり』
こちらもご覧ください。
http://www.e-garden-f.com/blog2/

  


Posted by e-garden(いーがーでん)スタッフ at 22:17Comments(0)パッシブデザイン