› 久留米のお庭屋さんの エクステリアってな~に? › お客様からよくある質問

2015年09月26日

植木についてよくある質問

こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

今日はお客様からいただく質問の中で、植木についての質問を一挙公開します。

まず、もっともよくいただく質問。

「虫のつかない植木は有りますか?」


虫を苦手とする人が多いんでしょうね。
わからなくもないです。

答えは、

「虫のつかない植木はありません。」

ただし、虫のつきにくい植木、虫に強い植木はあります。
もちろん、つきやすい植木、弱い植木もあります。

一般的に虫のつきにくい植木は、
「オリーブ」「キンモクセイ」
においのある植木です。
低木、地被植物なども、においのあるハーブ系は虫がつきにくいと言います。

でもオリーブ、キンモクセイ 、においのある植木だけで固めてしまうと、植木の楽しみがなくなりますよね。
好きな植木を植えたもの。

では、虫がつきにくくするには、
剪定して、枝葉を少なくして風通しをよくすること。
肥料や活力剤を与えて、植木そのものを元気にすること。

という方法があります。
愛情を込めて、気にかけてやることですね。




「葉の落ちない木はありますか?」


これはモミジを代表するように、秋の紅葉して葉っぱが落ちる植木のことをさしているのでしょう。

植木は
秋に葉を落とす、落葉樹と、
一年を通して葉をつけてる、常緑樹 の 2種類あります。

ただ常緑樹は、秋にいっぺんに葉を落とすことがない というだけで、
まったく葉を落とさないわけではないです。
植木は生き物です。(繰り返しになりますが、)
成長するし、新陳代謝をしています。
古いものを落とすのは、生き物である以上、自然なことです。

ですので、この質問に対する答えは、


「葉の落ちない木はありません。
秋の落ち葉のことを気にされているのでしたら、
落葉樹ではなく、常緑樹をお勧めします。」


という答えになります。
いかがでしょう。



「水はどのくらいあげたほうがいいですか?」


これは、新築外構工事で、新たに植木を植えたときによく出る質問です。

答えは

「最初の2ヶ月は2~3日に1回、多めにあげてください。」


植木は植えたばかりのときは、根が発達していなく、水を吸い上げる力があまりありません。
ですので、植えたばかりの時期、2ヶ月ほどは注意して水をあげてください。
2~3日に1回。
あげるときは多めに、植木の足元に水たまりができるくらいあげてください。

2ヶ月くらい経つとある程度、根が発達してくるので、マメにあげる必要はありません。
雨がしばらく降ってないなあ。暑い日が続くなあ。
というときにあげてください。

植木に水をあげていると、葉っぱの色や様子で、元気ないなあ。とか気づくようになります。
水をあげて、愛情をあげることで、気づいてあげられるようになります。
愛情注いであげてくださいね。




「剪定は年に何回くらいしたほうがいいですか?」




これもよくある質問です。

専門書は、「年に2回」を推奨しているものが多いです。
ただ私は、


「1年に1回剪定してあげてください。」



とお答えします。


植木の本をみると、常緑樹と落葉樹で、剪定の時期は異なりますし、実のなる木でも違います。

一般家庭で、年に2回、植木の種類に応じて剪定をするというのは、もったいないです。
(2回する余裕のある方、植木が多い方、好きな方は、別ですけど、2回を否定するわけではないです。)

ごくごく一般的な家庭でしたら、年に1回で十分です。



繰り返しになりますが、

植木に愛情を注いで、気にかけていると、植木の変化に気づくようになります。
また、
手間をかけた分だけ、元気になり、花や実をつけ、
そして、私たちに元気を与えてくれます。

植木は面倒と思われる方も多いですが、
植木とふれあう楽しみ、育てる楽しみ、観る楽しみ、 けっしてマイナスだけではないですよ。




☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


e-garden(いーがーでん)は、
♪いつまでもすてきなガーデンライフ♪をモットーに
福岡県久留米市・筑後市・八女市・大牟田市・小郡市・柳川市
近辺のエクステリア、外構、お庭の工事を承っております。

同じご予算で ワンランク上のお庭を作ってみませんか?


e-garden(いーがーでん)

住所 〒830-0025 福岡県久留米市瀬下339番地  (水天宮さん近く)

お電話でのお問い合わせは
0942-34-8970

メールでのお問い合わせはこちらをクリック






e-garden(いーがーでん)のホームページはこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/

e-garden(いーがーでん)のエクステリア、外構、お庭工事の施工例はこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/menu03/

ブログふくおか よかよか だけでなく、ホームページでもブログをしています。

私以外のスタッフも書き込んでいる『お庭なおしゃべり』
こちらもご覧ください。
http://www.e-garden-f.com/blog2/

  


Posted by e-garden(いーがーでん)スタッフ at 21:15Comments(0)お客様からよくある質問

2015年08月18日

こちらで用意した商品を工事のみしてもらえますか?

こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

お客様からよくある質問に、



「こちらで用意した◯◯をつけてもらうことはできますか?」


というのがあります。



弊社では、と言いますか、
私は基本『大丈夫です。』とお応えしています。

が、しかし、一般的には断られるケースが多いみたいですね。

理由のひとつが、
なんらかの不具合があったときに、
施工による不具合なのか、商品による不具合なのか、
判断がつきにくくなってしまうためです。


(あと、本音を言うなら、こちらの利益が少なくなるから商品にも会社の利益がいくらかは含まれているからですね。)


たとえば、お客様が用意した商品に傷がついていた場合、
もともと商品についていた傷なのか、それとも工事の最中につけた傷なのか、
はっきりとわからなくなってしまいます。

お客様は、傷はついていなかった、職人がつけた と言う。
職人は、もともと傷がはいっていた と言う。


どちらも疑うわけにはいきませんので、収めるのが難しくなります。

結局、弊社がその損益分をかぶらないといけなくなってしまうからですね。
やっかいなところです。
これが表札くらいの小さなものになればまだマシですが、カーポートとか大きい商品になるとその損失は大きいです。
また、交換となり新しい商品が届くまでの時間のロス、交換の手間、
時間も金額も無駄が多くなります。

ですので、基本はどこのエクステリア会社さんも、好んでしてくれるというわけではありません。

少しでもトータル金額を安く済ませたい というお客様のご要望もありますし、
インターネットで商品を買えるシステムになっていますが、

基本は、

お客様の用意された商品の取り付けだけの工事はお断りさせていただきます。

工事会社の本音としてはそんなところです。

参考までに!




☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


e-garden(いーがーでん)は、
♪いつまでもすてきなガーデンライフ♪をモットーに
福岡県久留米市・筑後市・八女市・大牟田市・小郡市・柳川市
近辺のエクステリア、外構、お庭の工事を承っております。

同じご予算で ワンランク上のお庭を作ってみませんか?


e-garden(いーがーでん)

住所 〒830-0025 福岡県久留米市瀬下339番地  (水天宮さん近く)

お電話でのお問い合わせは
0942-34-8970

メールでのお問い合わせはこちらをクリック






e-garden(いーがーでん)のホームページはこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/

e-garden(いーがーでん)のエクステリア、外構、お庭工事の施工例はこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/menu03/

ブログふくおか よかよか だけでなく、ホームページでもブログをしています。

私以外のスタッフも書き込んでいる『お庭なおしゃべり』
こちらもご覧ください。
http://www.e-garden-f.com/blog2/



  
タグ :質問商品


Posted by e-garden(いーがーでん)スタッフ at 10:52Comments(0)お客様からよくある質問

2015年02月19日

雑草対策はどんなのがあるの?

こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

ガーデンライフでお客様が悩まれていることのひとつが、


雑草。




いかに雑草対策ができるか、草むしりの手間をはぶけるか、

この点がどうなるかが、どう対応するかは、そこに住む家族の重要なポイントとなっています。


では、どんな方法があるのかと言いますと。

まず一番安価な方法。
①砂利敷き



土を覆うことで、雑草を生えにくくします。
いくらかは生えてきますが、土だけの状態に比べるとはるかに効果的です。
欠点は、素手で草むしりをすると指先が痛くなる。こと(← いや、軍手をつければいいだけの話です。)

つぎに
②防草シート+砂利敷き

上の①砂利敷きに防草シートを加えたもの。
①砂利敷きよりさらに、防草効果はあります。



このように、一度草を取り除いたお庭に防草シートを敷きます。
シートがめくれないよう、ピンで留めます。
その上から砂利を敷きます。


砂利を敷いたあとの見た目は、①と同じになります。
シートはパッとみ、見えてきません。

効果の高い②防草シート+砂利敷き均し ですが、
欠点は、
防草シートのつなぎめ、ブロックや建物基礎との境部分、雨水桝などのまわり部分
などから草が生えてくることがあります。
(↓写真参照↓)



これすらも生えてこないようにしたいところですが、
②防草シート+砂利敷き  では、これが限界のような気がします。

次に
③土間コンクリート



土の露出面を完全に土間コンクリートで覆うパターンです。

味気ない印象になってしまいますが、効果はかなり高いです。
注意点は、排水計画をしっかりと考えておくこと。です。
①の砂利敷き、②の防草シート+砂利敷き は雨水は透過して地面の中に浸透していきますが、
コンクリートは水を透過させません。
降った雨がコンクリートの表面を流れ、どこに排水されていくかを考えておかないと、
お庭に水たまりができて、いつまでもそのまま、なんてことになります。

あと欠点は、万が一、違う用途で使う必要が出てきたとき、コンクリートを壊したり、はつったりする手間がかかるということ。
砂利や防草シートは、どかすだけで簡単にできますが、コンクリートはそうはいきません。


あとは
④固まる土。
雑草アタック、マサドミックス、防草マサ、まさ王、

メーカーさんによって、いろいろ商品はありますが、
基本は土をカチンコチンに固めて雑草が生えないようにするというもの。

   

⑤マルチング
種類は、藁、紙、落ち葉、ウッドチップ、プラスチック、などがあります。
これらで土を覆い、雑草を生えにくくするというもの。



 

一番安価な方法ではありますが、効果もそれなりにというとこでしょうか。



雑草対策は、
おもにこの5パターンですね。

あ、『雑草を駆逐する植物を植える』のもひとつです。
ただしこれはあまりお勧めできません。
雑草を駆逐するほど、生命力の強い植物。
この植物が、繁殖し過ぎる可能性があります。
いちおう紹介しておきますと、
『イワダレソウ』です。

ウィキペディア 『イワダレソウ』

↑雑草を駆逐するとは書いてませんが、大変強い植物であることはわかります。


あとは、③の土間コンクリートと同じようなものですが、
ウッドデッキや、タイルテラスなどをつくって、土の部分の面積を減らすことで、
草むしりを軽減させる。
のもひとつの方法です。






金額もそれぞれで、その分効果もそれぞれです。

その家庭家庭のガーデンライフに応じた、雑草対策を見極めることが大切ですね。

雑草対策については、e-garden(いーがーでん)にご相談ください。
ライフスタイルを考慮したうえでご提案させていただきます。


長文になってしまいました。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。




☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


e-garden(いーがーでん)は、
♪いつまでもすてきなガーデンライフ♪をモットーに
福岡県久留米市・筑後市・八女市・大牟田市・小郡市・柳川市
近辺のエクステリア、外構、お庭の工事を承っております。

同じご予算で ワンランク上のお庭を作ってみませんか?


e-garden(いーがーでん)

住所 〒830-0025 福岡県久留米市瀬下339番地  (水天宮さん近く)

お電話でのお問い合わせは
0942-34-8970

メールでのお問い合わせはこちらをクリック






e-garden(いーがーでん)のホームページはこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/

e-garden(いーがーでん)のエクステリア、外構、お庭工事の施工例はこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/menu03/

ブログふくおか よかよか だけでなく、ホームページでもブログをしています。

私以外のスタッフも書き込んでいる『お庭なおしゃべり』
こちらもご覧ください。
http://www.e-garden-f.com/blog2/


  


Posted by e-garden(いーがーでん)スタッフ at 01:44Comments(0)エクステリアの豆知識。お客様からよくある質問

2012年10月18日

e-gardenブログ 外構を考えるタイミング

こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

このブログ、「エクステリアってな~に?」に新しい、カテゴリーを作ります。

カテゴリー名、『お客様からよくある質問』。
ひらたく言えば、Q&A です。

このブログを見ていただいている方々に、お役に立てそうなコーナーになると内心思っております。


記念すべき、第1回目の今日のタイトルは、

「外構工事っていつから考えればいいですか?」


実はこの質問、昨日ブログで紹介した、大宰府のS様からもいただいた質問です。

「家つくりの中で、外構工事はいつ頃から考えるべきか?」

これは我々外構業社にとっては非常に大事な問題です。

この質問に対し、以前は
「建物の大きさ、間取り、敷地に対する配置がしっかり決まってから、お越しください。ご相談ください。」
と答えていました。

外構はあくまで建物を引き立てるためのもの。建物が決まらないことには、外構の決まりません。
そう思っていたからです。

でも、今は
「土地が決まり、だいたいの建物の大きさ、間取りが決まった時点でご相談ください。概算にはなりますが、お見積りをさせていただきます。」
と答えるようにしています。

なぜなら、建物の間取り、大きさ、配置がしっかり決まってからだと、建物の予算が大枠で固まるからです。
「建物の予算が固まる」=「外構の予算も決まる」

予算が際限なくある人は別ですが、多くの人が総予算が決まっており、
その中から建物にいくら、外構にいくら、諸経費にいくら と割りふります。
諸経費はある程度決まっているので、「建物」と「外構」の陣取り合戦といいますか、
予算の取り合いになります。

ですが、外構がアピールする場もなく、建物がしっかり固まってしまうと、外構は≪不戦敗≫となります。


建物の営業の方が、外構のこともわかっていて、しっかり予算組みしていてくれるといいのですが、
外構工事のことを熟知された営業の人ばかりではないからですね。

営業の人が、
「大丈夫ですよ。100万あれば立派な外構できますよ」と言っていたけど、

カーポートもつけられなかった、
駐車場はコンクリートでなく、砂利敷き
植木も全然入れられなかった
表札も選択肢が少なかった


そんな話をよく耳にします。

ですので、概算でいいので、建物の仕様が決まる前に外構工事のお見積りを取るべきです。



現在、新築をご計画中の方、
外構工事、エクステリア工事もある程度しっかりしたものにしたいとお考えでしたら、
概算のお見積りを、建物が決まる前に一度取ることをお勧めします。

e-garden(いーがーでん)は外構、エクステリア工事のお見積りを無料でさせていただいております。
気軽にお問い合わせください。




☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


e-garden(いーがーでん)は、
♪いつまでもすてきなガーデンライフ♪をモットーに
福岡県久留米市・筑後市・八女市・大牟田市・小郡市・柳川市
近辺のエクステリア、外構、お庭の工事を承っております。

同じご予算で ワンランク上のお庭を作ってみませんか?


e-garden(いーがーでん)

住所 〒830-0025 福岡県久留米市瀬下339番地  (水天宮さん近く)

お電話でのお問い合わせは
0942-34-8970

メールでのお問い合わせはこちらをクリック






e-garden(いーがーでん)のホームページはこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/

e-garden(いーがーでん)のエクステリア、外構、お庭工事の施工例はこちらをクリック!!
http://www.e-garden-f.com/menu03/

ブログふくおか よかよか だけでなく、ホームページでもブログをしています。

私以外のスタッフも書き込んでいる『お庭なおしゃべり』
こちらもご覧ください。
http://www.e-garden-f.com/blog2/


  


Posted by e-garden(いーがーでん)スタッフ at 21:41Comments(0)お客様からよくある質問